リモートエンジン実行プロファイルの設定 - Cloud

Linux向けTalend Remote Engineユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Remote Engine
Talend Cloud Management Consoleからデータサービスやルートをデプロイするには、タスクを実行するTalendリモートエンジンの実行プロファイルを設定する必要があります。

始める前に

  • Talend Cloud Management Consoleでインフラストラクチャアドミニストレーターロールが付与されている必要があります。

手順

  1. [ENGINES] (エンジン)ページに移動します。
  2. 1番上のメニューから正しい環境を選択します。

    例え

  3. リモートエンジンの名前をクリックします。
  4. [ENGINE DETAILS] (エンジンの詳細)ページで[RUN PROFILES] (プロファイルの実行)タブをクリックします。
  5. オプション: リモートエンジンでマイクロサービスを実行する場合は、[Microservice (Execute Data Service / Route Microservice)] (マイクロサービス: データサービス/ルートマイクロサービスの実行)チェックボックスを選択します。
  6. オプション: リモートエンジンでOSGiルートまたはデータサービスを実行する場合は、[Talend Runtime (Execute Data Service / Route OSGi)] (Talend Runtime: データサービス/ルートOSGiの実行)チェックボックスを選択します。
    OSGiルートおよびデータサービスのデプロイメントには Talend Runtimeのインストールが必要です。 Talend RuntimeTalendリモートエンジンと同じマシンにインストールして実行している必要があります。
  7. お使いのアーティファクト、およびTalendリモートエンジン Talend Runtimeのバージョンと互換性があるバージョンのTalend Studioを選択します。互換性マトリクスは、lhh1550477600492.htmlを参照して下さい。
    システムチェックのため、互換性がないRemote Engineではタスクを実行できません。