Remote Engineプロキシ認証の構成 - Cloud

Linux向けTalend Remote Engineユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Remote Engine

始める前に

このプロシージャを開始してリモートエンジンをペアリングする前に、プロキシ設定を構成する必要があります。

Remote Engineをペアリングした後にプロキシ設定を変更する必要がある場合は、まずペアリングを解除してから、次の手順に従ってRemote Engineを再度ペアリングする必要があります。

手順

  1. Remote Engineのインストールフォルダーにアクセスします。
  2. HTTPまたはHTTPSプロキシの値を\etc\system.propertiesファイルに追加します。

    例え

    http.proxyHost=<proxyHost>
    http.proxyPort=<proxyPort>
    http.nonProxyHosts=127.0.0.1|localhost
    
    https.proxyHost=<proxyHost>
    https.proxyPort=<proxyPort>
    https.nonProxyHosts=127.0.0.1|localhost
  3. ActiveMQに接続するには、\etc\org.talend.ipaas.rt.pairing.agent.cfgファイルでamq.proxyパラメーターを定義します。
    • HTTP

      amq.proxy=http
    • HTTPS

      amq.proxy=https

    プロキシ設定パラメーターの値は、\etc\system.propertiesファイルから呼び出されます。

  4. HTTPまたはHTTPSプロキシ認証パラメーターと値を\etc\system.propertiesファイルに追加します。
    http.proxyUser=<proxyUser>
    http.proxyPassword=<proxyPassword>
    
    https.proxyUser=<proxyUser>
    https.proxyPassword=<proxyPassword>
  5. Java 8 Update 111またはそれ以降のバージョンの場合は、次のパラメーターを同じファイルに追加します:
    jdk.http.auth.tunneling.disabledSchemes=

    値を指定する必要はありません。

  6. 同じディレクトリーにorg.apache.cxf.http.conduits-common.cfgという名前の新しい設定ファイルを作成します。
  7. 次の内容をファイルに追加します:
    url=https://.*
    proxyAuthorization.UserName=<proxyUser>
    proxyAuthorization.Password=<proxyPassword>
  8. 変更を保存します。
  9. Remote Engineを起動します。
  10. リモートエンジンをペアリングします。