ポート情報 - 7.0

Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド Mac

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

次の表は、Talend製品で使用される最も重要なTCP/IPポートを示しています。

ファイアウォールの設定がこれらのポートと互換性があることを確認してください。また必要に応じてデフォルトのポートを変更してください。

また、次のWebサイトをホワイトリストに追加します。

URL ポート 使用
update.talend.com 443 Bonita BPM Integration、Talend Metadata Bridge、およびTalend Studioツールからのアップグレードなど、追加パッケージのダウンロード
talend-update.talend.com 443 Talend Studio内のライブラリーをダウンロードする(主にコンポーネント用)
www.talend.com 443 Talend Studioから使用統計をテストし、送信する
talendforge.org 443 Talend ExchangeTalend Studioを使用する、また、フォーラムリンクをクリックするなどのユーザーアクションで使用
community.talend.com 443 ユーザーアクション用: Talend Communityリンク、その他をクリック。
help.talend.com 443 ユーザーアクション用: ヘルプリンク、その他をクリック。
URL ポート 使用
http://repo1.maven.org 8082 ESBランタイムフィーチャーイントーラー- Talend Artifact Repositoryアクセス

この表で使用する用語の意味は以下のとおりです:

  • ポート: TCP/IPポートまたはポートの範囲

  • Active (アクティブ): 製品の標準インストールでアクティブ(標準インストールとは、ここでは、Talend Installerを使用してインストーラーユーザーインターフェイスにより提供されるデフォルト値でのサーバーまたはクライアントのインストールと定義します)。

  • Direction (方向): In (インバウンド); Out (アウトバウンド) - 通信の方向の関係(たとえば、リクエストでリッスンするCXFルートまたはサービスのHTTPポートは「インバウンド」ポートになります)。たとえば、ポート7080にリクエストを送信するブラウザーは、このリストの ‘アウトバウンド' ポートとしてこのポートがあります。

  • Usage (使用): このポートを使用する製品コンポーネント (たとえば、1099はTalend RuntimeのJMX Monitoringコンポーネントで使用されます)。

  • Configuration file (設定ファイル): 値を変更できるファイルまたは場所。

Talend Studioポート

ポート 方向 使用 設定ファイル

8090

Active (アクティブ): N

IN

tESBProviderRequest (SOAPデータサーバー)およびtRESTRequest (RESTデータサービスのデフォルトポート)

REST: 環境設定/ Talend / ESB SOAP: tESBProviderRequestコンポーネントの詳細

Talend CommandLineポート