STSサーバーをコンテナの機能として実行(推奨) - 7.3

Windows版Talend Open Studio for ESBインストールおよびアップグレードガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Open Studio for ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend ESB
Talend Runtime
Talend Studio

手順

  1. KarafコンテナでSTSサーバー機能を有効にするには、次のコマンドを実行します:tesb:start-sts
  2. STSサービスは自動的に開始されます。STSサービスが実行中であることを確認し、コンソールでlistコマンドを実行して、2つの追加バンドルApache CXF STS CoreおよびTalend :: ESB :: STS :: CONFIGを探します。これらによりSTS機能が有効になります。
    注: この(フラグメント)バンドルのステータスは、もう一つのステータスのようにActive(アクティブ)ではなくResolved(取得済み)となっていることが普通です。

    RentACarデモで配布されたサンプルキーは本番環境で使用しないで下さい。使用したキーの交換方法の詳細は、『Talend ESB Infrastructure Services Configuration Guide』の章「Using STS with the Talend Runtime」を参照して下さい。

    STSの使用方法の詳細は、『Talend ESB STS User Guide』および『Talend ESB Infrastructure Services Configuration Guide』の章「Using STS with the Talend Runtime」を参照して下さい。