ジョブを作成してコンテキスト変数を定義する - 7.0

Data Integrationジョブの例

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Open Studio for MDM
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
EnrichPlatform
Talend Studio

始める前に

前述したtestingproductionの2つのデータベースにアクセスするための接続パラメーターを格納するdb_testingdb_productionという名前の2つのテーブルを、db_connectionsという名前のMySQLデータベースに作成します。 各テーブルは、VARCHAR型の2つのカラムkeyvalueのみの構成にします。以下、データベーステーブルのコンテンツ例を示します。

db_testing:

key value
host localhost
port 3306
username root
password talend
database testing

db_production:

key value
host localhost
port 3306
username root
password talend
database production

これらのデータベーステーブルは、tFixedFlowInputコンポーネントとtMysqlOutputコンポーネントを含む別のTalendジョブを使って作成できます。

手順

  1. ジョブを作成し、tMysqlInputコンポーネントとtLogRowコンポーネントをデザインワークスペースに追加し、これらを[Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使ってリンクさせます。
  2. ジョブの[Contexts] (コンテキスト)ビューを選択し、ビューの下部にある[+]ボタンをクリックして、テーブルに5つの行を追加し、hostportusername、passworddatabaseの変数を定義します。これらはすべてString型で、ジョブの実行中に動的にロードされます。
  3. ここでもう一つ、[List Of Value] (値のリスト) 型のdb_connectionという変数を作成します。
  4. 新しく作成した変数の[Value] (値)フィールド内をクリックして、表示されるボタンをクリックし、[Configure Values] (値の設定)ダイアグボックスを開き、[New...] (新規...)をクリックして[New Value] (新しい値)ダイアログボックスを開きます。データベース接続情報を格納するデータベーステーブルの1つの名前を入力し、[OK]をクリックします。
  5. もう一度[New...] (新規...)をクリックしたら、データベース接続情報を格納するもう一つのテーブルを定義します。 定義後、[OK]をクリックして、[Configure Values] (値の設定)ダイアログボックスを閉じます。

    これで、変数db_connectiondb_testingdb_productionの値リストが設定されました。これらは、接続パラメーターをロードするデータベーステーブルです。

  6. db_connection変数の[Value] (値) フィールドの横の[Prompt] (プロンプト)チェックボックスをオンにして、[Prompt] (プロンプト) フィールドを表示し、実行時に表示されるプロンプトメッセージを入力します。