手順3: tMapコンポーネントを使ってデータのマッピングを行う - 7.0

Data Integrationジョブの例

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Open Studio for MDM
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. tMapコンポーネントをデザインワークスペースにドロップしてダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューを開いて、プロパティを設定します。
  2. [Map Editor] (マップエディター)の横にある[...]ボタンをクリックし、ダイアログボックスを開いて、マッピングを設定します。
  3. 左側の[+]ボタンをクリックし、入力側データのスキーマのためにカラムを6つ追加します。これらのカラムは次の画像と同じでなければなりません。
  4. 右側の[+]ボタンをクリックし、出力側データフローのスキーマを追加します。
  5. [New output] (新規出力)を選択し、[OK]をクリックして、出力スキーマを保存します。

    現在のところ、出力スキーマはまだ空の状態です。

  6. out1テーブルの下にある[+]ボタンをクリックし、出力データのカラムを3つ追加します。
  7. idCustomerNameCustomerAgeの各カラムを右側のそれぞれの行にドロップします。
  8. [OK]をクリックして、設定を保存します。