暗黙的なコンテキストのロードフィーチャーの使用 - 7.0

Data Integrationジョブの例

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Open Studio for MDM
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
EnrichPlatform
Talend Studio

コンテキスト変数に基づくジョブのパラメーター化により、異なるコンテキストまたは環境でのジョブのオーケストレーションと実行に対応できます。コンテキスト変数の値は、作成中に定義する方法と、ジョブの実行中に明示的または暗黙的にコンテキストパラメーターを動的にロードする方法とがあります。

以下のユースケースでは、Talend Studioの暗黙的なコンテキストのロードフィーチャーを使用して、ジョブの実行中に動的にコンテキストパラメーターをロードする方法を示します。

このユースケースのジョブで使用するコンポーネントは2つだけです。テスト用と本番環境用の2つのMySQLデータベースに格納されている従業員データを読み込みます。この2つのデータベースにアクセスするための接続パラメーターは、別のMySQLデータベースにあります。ジョブの実行時、これらの接続パラメーターが動的にロードされ、2つのデータベースへの接続が行われます。