検証ルールを適用してジョブ実行結果を表示する - 7.0

Data Integrationジョブのサンプル

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Open Studio for MDM
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発 > ジョブデザイン
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. tMysqlOutput[Component] (コンポーネント)ビューで[Validation Rules] (検証ルール)タブをクリックします。
  2. [Use an existing validation rule] (既存の検証ルールを使用)チェックボックスをオンにし、コンポーネントに検証ルールを適用します。
  3. [Validation Rule Type] (検証ルールタイプ)リストで[Repository] (リポジトリー)を選択し、[...]ボタンをクリックして、[Repository Content] (リポジトリーコンテンツ)ウィンドウで検証ルールを選択します。
  4. tMysqlOutputコンポーネントを右クリックし、メニューで[Row] (行) > [Rejects] (リジェクト)の順に選択し、このコンポーネントをtLogRowコンポーネントにドラッグして、この2つのコンポーネントの間にリジェクトリンクを作成します。

    この検証ルールで[Reject link] (リジェクトリンク)オプションを有効にしている場合、リジェクトされたデータを取得して、リジェクトフローに流すことができます。

  5. tJavaコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)を開きます。
  6. 更新行数、挿入行数、リジェクト行数を表示するコードを[Code] (コード)フィールドに入力します。
    System.out.println("Updates: "+((Integer)globalMap.get("tMysqlOutput_1_NB_LINE_UPDATED"))+"\nInserts:
    "+((Integer)globalMap.get("tMysqlOutput_1_NB_LINE_INSERTED"))+"\nRejects:
    "+((Integer)globalMap.get("tLogRow_1_NB_LINE")));
  7. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

タスクの結果

データベーステーブル上で有効なデータが挿入または更新され、検証ルールによってリジェクトされた行、およびジョブで実行された更新回数、挿入回数、リジェクト回数がコンソールに表示されます。