ESB: 新しい機能 - 7.1

Talend Data Fabricリリースノート

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード

フィーチャー

説明

OpenJDKのサポート

Talendでは、Oracle JDKに加えて、データサービスとルートを生成、実行、ビルドするためにOpenJDK 1.8をサポートしています。

Artifactoryのサポート

Talend StudioTalend Administration Center (TAC)、およびTalend Runtimeでは、データサービスとルートのアーティファクトリポジトリーとしてJFrog Artifactoryを使用できるようになりました。

ESBユースケースの継続的インテグレーションおよびデプロイ 継続的インテグレーションおよびデプロイ(CI/CD)が、ESBデータサービスとルートに使用できるようになりました。Talend CI Builder Mavenプラグインを使用して、データサービスとルートをビルド、パッケージ、およびデプロイすることができます。デプロイゴールのターゲットとして、Sonatype Nexus 2 / 3とJFrog Artifactoryがサポートされています。
REST API定義とAPIブリッジ
Talend Studioの新しいREST API定義メタデータは、コントラクトファースト手法によるRESTデータサービスの実装を目的にTalend Cloud API Designerを使用してREST定義を開発するためのエントリーポイントです。tRESTRequestとルートをcRESTとともに使用するRESTデータサービスは、新しいREST API定義メタデータを活用することができ、API定義をコンポーネントの初期化として使用します。API Designerからの仕様を使用するサービスは、APIテスターで、StudioとAPIテスターの間の新しい統合を使用して、直接テストすることもできます。APIデザイナーとAPIテスターは、これらの機能を提供しているTalend Cloudのサブスクリプションを必要とします。

イベント監視

Talend Runtime内のイベント監視機能を使用して、Log、OSGi、SAM、およびService Locatorのイベントを収集することができます。これはイベントロギング機能の代替機能であり、Apache Karaf Decanter 2.1.0の搭載により、より軽量な技術的実装が提供されます。

互換性のあるApacheソフトウェアとJMS Broker

  • Apache Karaf 4.1.6
  • Apache CXF 3.2.6
  • Apache Camel 2.21.2
  • Apache ActiveMQ 5.15.5
SOAP/JMSに対応したメッセージングブローカー
  • Apache ActiveMQ 5.15.5
  • IBM WebSphere MQ 7.5