ジョブのインポートと再デプロイ - 7.1

Talend Data Fabric 移行ガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

始める前に

MDMサーバーが実行されていることを確認します。

手順

  1. Talend StudioでTalendプロジェクトをアップグレードでの説明に従い、Integrationパースペクティブからローカルとリモートのジョブをインポートします。
  2. 新しいMDMサーバーにジョブを1つずつデプロイします。詳細は、Talend Studioユーザーガイドを参照して下さい。

タスクの結果

また、以前のアプリケーションの対応するフォルダーから、新しいアプリケーションの対応するフォルダー<$INSTALLDIR>\jobox\deployにジョブスクリプトをコピーして貼り付けることもできます。ただし、この方法では将来必要となるジョブデザインはインポートされません。

このコピーペーストの操作は、メジャーバージョンが同じ、つまり、バージョンの最初の番号が同じ2つのMDMサーバー間でのみ推奨されています。メジャーバージョンが異なる場合は、MDMコンポーネントが新しいMDMサーバで動作しない可能性があります。ただし、同一のバージョン間、またはマイナーバージョンのみが異なる2つのバージョン間では、コピーペーストする方がジョブの再デプロイよりもはるかに早く移行できます。
注: Talend6.2.0以降、検索演算子のStrict contains (厳密に含む)は、コンポーネントtMDMInputtMDMDelete、およびtMDMViewSearchで使用できなくなります。新しい6.2.0アプリケーションに移行するジョブに、Strict contains (厳密に含む)演算子を使用するコンポーネントtMDMInputtMDMDelete、およびtMDMViewSearchが含まれている場合、代わりにContains (含む)が自動的に使用されます。