プロジェクトの移行前の確認 - 7.1

Talend Data Fabric 移行ガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

始める前に

プロジェクトの移行を実行するには、実行前に次が必要です。
  • 以前のバージョンのTalend Administration Center(旧Talend CommandLine)に接続されたTalend CommandLineアプリケーションを起動し、Webアプリケーションの設定ページでそのパラメーターを設定した。
  • 新しいバージョンのTalend Administration Center(新Talend CommandLine)に接続されたTalend CommandLineアプリケーションを起動し、Webアプリケーションの設定ページでそのパラメーターを設定した。
  • 既存のプロジェクトが含まれるSVNリポジトリを(svnadmin dumpコマンドを使用して)バックアップし、それを新しいSVNリポジトリに復元した
  • (オプション、移行レポートを最適化するため)以前のバージョンでジョブが正常に生成されたかどうかをより正確に知るために、Talend CommandLineにパッチをインストールしたマイグレーションチェックレポートの改善方法の詳細については、Talend Help Centerのドキュメンテーションを参照して下さい。

このタスクについて

デフォルトでは、移行レポートは次のフォルダーに保存されます。Linuxでは/Talend/MigrationCheck/reports、WindowsではC:/Talend/MigrationCheck/reports。レポートが保存されるフォルダーへのデフォルトパスを編集する場合は、configuration.propertiesファイル内でする必要があります

手順

  1. <TomcatPath>/webapps/org.talend.administrator/WEB-INF/classes/configuration.propertiesのファイルを開きます。
  2. 次のパラメーターと値を追加し、変更を保存します。migrationCheck.conf.reportPath=<FolderPath>