MDMインスタンスの移行 - 7.1

Talend Data Fabric 移行ガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

MDMインスタンスをTalend MDMの古いバージョンから新しいバージョンに移行することができます。これには、Talend Studio内のデータベースとMDMリポジトリオブジェクトに格納されている両方のMDMインスタンスが含まれます。

以下のことが仮定されています:
  • MDMサーバーまたはMDMサーバーのクラスターをインストールして設定する方法を十分に理解している。

  • 既存のMDMデータベースがすべてバックアップされており、必要に応じて復元できる。

MDMシステムオブジェクト、マスターデータレコード、およびステージングデータレコード(該当する場合)は、データベースに保存されます。また、MDMサーバーにデプロイされているデータモデルやビューなど、Talend Studio内の一部のMDMオブジェクトもデータモデルにとどまります。

dbmigrationツールを使用して、それらのMDMインスタンスをデータベースに移行することができます。詳細は、移行にdbmigrationツールを使用するを参照して下さい。

ただし、データベース内にとどまらない、または保存されないものもあるため、移行のためにジョブとワークフローを手動で再インポートおよび再デプロイする必要があります。詳細は、ジョブのインポートと再デプロイおよびワークフローのインポートと再デプロイを参照して下さい。

Talend Studioの古いバージョンのワークスペースを再利用することはできません。Talend Studioで、リポジトリオブジェクトを ソースTalend StudioからターゲットTalend Studioに手動で移動する必要があります。詳細は、Talend Studioでリポジトリオブジェクトを手動で移動するを参照して下さい。

7.0以降、MDMユーザーはTalend Administration Centerで作成されます。ユーザーを6.5以前のバージョンから7.0以降のバージョンに移行する際の注意事項については、ユーザーを6.5以前のバージョンから7.0以降のバージョンに移行する際の注意事項を参照して下さい。

移行の前に、以下の点にご注意下さい。

  • クラスター内のMDMサーバーに移行する場合は、クラスターが適切に設定されていること、および移行中にクラスター内のすべてのノードが実行中であることを確認します。ソースサーバーまたはターゲットサーバーとして使用されるのは、クラスター内の1つのノードのみです。

  • 移行中は、ソースMDMサーバーとターゲットMDMサーバーに対する変更がすべて凍結中であることを確認します。すなわち、移行中は挿入、更新、削除の操作が一切実行されないようにして下さい。

  • ターゲットサーバーをホストするマシンに、dbmigrationツールの実行に十分な空きメモリがあることを確認します。

  • バージョン、またはTalend Studioを変更するたびに、Webブラウザのキャッシュとcookieを必ず削除して下さい。そうしない場合、予期しない動作や表示エラーが発生する可能性があります。

  • 5.6.1または5.6.2から6.0.1以降に移行する場合は、パッチをインストールする必要があります。このパッチを入手するには、Talendサポートにお問い合わせ下さい。

Talend MDMデータモデルでは、以下の表に示す特定のタイプのみがサポートされています。サポートされていないタイプを含むプロジェクトを移行すると、エラーが発生します。

サポートされるタイプ サポートされないタイプ
xsd:anyURI xsd:ENTITIES
xsd:base64Binary xsd:gDay
xsd:boolean xsd:gMonth
xsd:byte xsd:gMonthDay
xsd:date xsd:gYear
xsd:dateTime xsd:gYearMonth
xsd:decimal xsd:ID
xsd:double xsd:IDREF
xsd:duration xsd:IDREFS
xsd:float xsd:language
xsd:hexBinary xsd:Name
xsd:int xsd:NMTOKEN
xsd:integer xsd:normalizedString
xsd:language xsd:QName
xsd:long xsd:token
xsd:negativeInteger -
xsd:nonNegativeInteger -
xsd:nonPositiveInteger -
xsd:normalizedString -
xsd:positiveInteger -
xsd:short -
xsd:string -
xsd:time -
xsd:token -
xsd:unsignedByte -
xsd:unsignedInt -
xsd:unsignedLong -
xsd:unsignedShort -