データセットの作成 - Cloud

Talend Cloud Data Preparationユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
データセットを最初から作成する方法を説明します。

手順

  1. [Datasets] (データセット) > [ADD DATASET] (データセットの追加)に進みます。
  2. [Add a new dataset] (新しいデータセットの追加)パネルで、データセットに名前を付け、データセットを作成する接続を選択します。
    まだ存在していない接続からデータセットを追加する場合は、[Connection] (接続)ドロップダウンリストからこの接続を直接作成できます。
  3. 必要に応じて説明を追加し、データセットの必要なプロパティを入力します。
    • S3およびHDFSのファイルストレージ接続の場合、[AUTO DETECT] (自動検出)ボタンを使用すると、データの形式(CSV、Excel、Avro、またはParquet)を自動的に検出して入力できます。

    • クエリー型データベースを変換先データセットとして使用できないため、データベースクエリーとテーブルタイプに互換性がありません。そのため、保存後にデータベース設定を別の種類に変更しようとすると、パイプラインでこの操作が可能かどうかを確認するチェックがトリガーされます。

  4. (オプション) [VIEW SAMPLE] (サンプルの表示)をクリックし、データセットサンプルの最初の50レコードのプレビューを表示します。
  5. [VALIDATE] (検証)をクリックしてデータセットを保存します。

タスクの結果

新しいデータセットが[Datasets] (データセット)ページのリストに追加され、使用できる状態になります。
作成したデータセットの詳細ビューに移動して、さまざまな形式でサンプルを表示できます。
  • [Grid] (グリッド): このビューから、表形式でデータの最初の10,000件のレコードを表示できます。
  • [Hierarchy] (階層): このビューから、データの最初の10,000件のレコードをツリー状の構造に表示できます
  • [Raw] (行): このビューから、データの最初の10,000件のレコードの未変更のバージョンとフィルタリングされていないものを表示できます。