日付形式の変更 - Cloud

Talend Cloud Data Preparationユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
世界で使われている日付形式は同一ではないため、日付を含むカラムで使用する形式を変更しなければならない場合があります。

手順

  1. 日付を含むカラムを選択します。
  2. [Functions panel] (機能パネル)[Suggestion] (推奨)部分の[Change Date Format] (日付形式の変更)をクリックして、関連機能のオプションを開きます。
  3. [New format] (新しい形式)ドロップダウンリストから事前定義済みの日付形式の1つ、この例では[Other] (その他)を選択します。

    利用できるオプションの詳細は、日付形式を参照してください。

  4. [Your Format] (ユーザー形式)フィールドにdd/MM/yyyyと入力すると、米国形式からフランス形式に変わります。
    たとえば12/25/2015は25/12/2015となります。

    このフィールドにカスタム形式を入力する場合、有効と見なされる値は実際はJavaによって定義されたものです。サポートされている日時パターンの詳細は、Java documentationを参照してください。

  5. [Submit] (送信)をクリックします。

    この関数の結果を新しいカラムに出力するには、[Create new column] (新しいカラムを作成する)チェックボックスを選択します。

タスクの結果

選択したカラムで日付形式が変更されます。
ヒント: この変換はスマート入力関数を使って行うこともできます。