プレパレーションカラムへの操作 - Cloud

Talend Cloud Data Preparationユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

カラムヘッダーのカラム名の横にあるメニューアイコンをクリックして、使用可能なオプションを表示します。

以下の表に、カラムに対して実行できるさまざまな操作を示します。

Action (アクション) 説明
このカラムのタイプ… 値が望ましくない場合に、カラムのデータ型を変更できます。
カラムの作成 必要に応じてデータセットにデータを格納するための新しいカラムを作成します。名前を指定し、新しいカラムのコンテンツを入力する方法として、既存のカラムをコピーするか、整数のシーケンスを生成するか、または空白にしておくかを指定します。
カラムの削除 不要なカラムを削除できます。
カラムの複製 特定のカラムのコピーを作成します。
カラム名の変更 カラムを特定しやすくする必要がある場合に、わかりやすい名前にカラム名を変更できます。

また、名前をダブルクリックしてカラム名を変更することもできます。

値が有効な行を表示

値が無効の行を表示

値が空の行を表示

値が無効または空の行を表示

サンプルに一致する値が存在しない場合でも、特定のカラムのデータカテゴリーにフィルターを直接適用できます。これは大量のデータセットを操作する場合などに便利です。