Talend Dictionaryサービス REST APIドキュメンテーションへのアクセス - Cloud

Talend Cloud Data Preparationユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

REST APIにより、いくつかのメソッドまたはリクエストタイプが使用され、Talend Dictionaryサービスに保管されているデータとのやり取りが簡略化されます。

REST APIドキュメントページはすべて、Swaggerおよび実行リクエストに基づいてアクセスできます。JSONファイルは、REST APIドキュメンテーションのどのページからでもダウンロードできます。

始める前に

Talend Data StewardshipTalend Data Preparationにログイン済みであること。

手順

  1. Webブラウザーを開き、選択するデータセンター、および、ドキュメンテーションにアクセスするアプリケーションに応じて、以下のURLを入力します。

    USデータセンター:

    EUデータセンター:

    APACデータセンター:

  2. ページ上部のフィールドで[Semantic Service] (セマンティックサービス)を選択し、Talend Dictionaryサービスドキュメンテーションページを開きます。このページでは操作がさまざまなカテゴリーに分類されています。

    例え

  3. カテゴリー名をクリックすると、そのカテゴリーの下に操作リストが表示されます。
  4. カテゴリーリストから次のように選択します。
    選択項目 内容
    Show/Hide (表示/非表示) オペレーションリストを表示、または非表示にします
    List Operations (オペレーションのリスト表示) オペレーションリストを展開、または折りたたみます
    Expand Operations (オペレーションの展開) 操作の詳細を展開
  5. [user-controller] (ユーザーコントローラー) > /user/loginの順にクリックし、クレデンシャルを使ってログインします。
    [Response Headers] (レスポンスヘッダー)エリアにベアラーの認証情報が表示されます。
  6. 各種操作の実行テストを開始します。

    実行した操作の結果を得るには、レスポンスからCurlコマンドを使用します。

    ログイン時に取得したベアラートークンを認証ヘッダーの一部として含めます。

    例え

    curl -X GET --header 'Authorization: Bearer <token>' --header 'Accept: application/json' 'http://<host>:<port>/categories?caseSensitive=false&isExact=false'