データセットの共有 - Cloud

Talend Cloud Data Preparationユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

同じデータソースで共同作業する場合は、他のユーザーが自分のデータセットにアクセスできるようにします。

データセットの共有は重複の回避などで便利であるほか、他のユーザーがこのデータでパイプラインを作成できるという利点もあります。Talend Management Consoleでデータセットは、[Share datasets] (データセットの共有)[Share connections] (接続の共有)権限が与えられているユーザーによって共有できます。これにより、データセットの所有者は他のユーザーの共有データセットに対するアクセスレベルを制御できます。

接続を共有できるユーザーやユーザーグループはTalend Management Consoleでも管理され、さまざまな権限と共に特定のロールを与えることができます。以下の権限を付与できます:

  • [Owner] (所有者): データセットを表示、編集、削除、共有でき、データセットに関連付けられた接続を表示できます。
  • [Editor] (エディター): データセットを表示、編集、削除、共有でき、データセットに関連付けられた接続を表示できます。
  • [Viewer] (ビューアー): データセットを表示および共有し、データセットに関連付けられた接続を表示できます。

ただし、他のユーザーと共有できるデータセットはそのユーザーが持っている権限の範囲に限られます。エディターロールが付与されているユーザーAがデータセットをユーザーBと共有する場合、ユーザーBに付与できるのはビューアーまたはエディターロールのみで、所有者ロールは付与できません。

共有ステータスには次の3種類があります。
  • : データセットはまだ共有されていません。
  • : データセットは所有者である他のユーザーと共有されています。
  • : データセットはエディターかビューアーであるあなたと共有されています。

データセットを共有する場合、動作は以下のようになります。

  • データセットを共有するとそのデータセットへのアクセスが与えられ、その共有ユーザーによって付与される権限に基づいてアクションが許可されます。
  • データセットを共有する際は、基礎となる接続もビューアー権限と共に間接的に共有されます。
  • データセットへのアクセスを取り消すと、他のユーザーはデータセットも基礎となる接続も表示したり使用したりできなくなります。また、データセットを使用するパイプライン

前のルールと行動を要約するため、次の例を取り上げてみましょう。

  1. 接続1とそれに基づいているデータセット1へのアクセスを持つユーザーAは、データセット1をユーザーBと共有することにしました。
  2. データセット1に加え、接続1も間接的に共有されているため、ユーザーBはその両方にアクセスできるほか、共有接続1に基づいて新しいデータセット(データセット2)を作成することもできます。
  3. ユーザーAはユーザーBとのデータセット1の共有を停止しました。

    ユーザーBは両方のデータセットと接続1へのアクセスを完全に失うものの、一部のアクションについては引き続きデータセット2にアクセスできます。ただし、接続を必要とするアクション(データセットサンプルの更新や日付データまでの表示)はできなくなります。データセット2へのフルアクセスを復元したい場合、ユーザーBはユーザーAに対し、接続1へのアクセスを再び要請する必要があります。

手順

  1. [Datasets] (データセット)ページに移動します。
    このページ実行できる操作は次のとおりです。
    • [Dataset] (データセット)リストから直接データセットを共有します。
    • [Dataset] (データセット)を開き、右上のメニューのアイコンを使用して共有します。
  2. 共有アイコンをクリックして設定ウィンドウを開きます。
  3. データセットを共有するには:
    1. 1人のユーザーまたは1組のユーザグループを使用する場合: 左パネルでグループ名または個人名を選択し、名前の上にマウスを置いた時に表示される+アイコンをクリックしてこのユーザーを共同作業者として追加します。
    2. 複数のユーザーまたは複数のユーザーグループを同時に使用する場合: 左パネルでCtrl + クリック、またはShift + クリックでグループまたはユーザーを選択し、[ADD AS...] (...として追加)リストで共同エディターとして追加するロールを選択します。
    ユーザーグループは以前Talend Management Consoleで作成されています。
  4. データセットの共同エディター権限を変更するには、名前の横にあるリストで適切なアクセスレベルを選択します。
  5. 共同エディターのリストからユーザーを削除するには、名前の上にマウスを置いた時に表示される赤い十字アイコンをクリックします。
    注: このオプションを使えば、自分と共有しているデータセットのコントリビューターのリストから自分を削除します。それによって、基になる接続を自分のリストから削除したりできます。
  6. [SHARE] (共有)をクリックして変更内容を反映し、設定ウィンドウを閉じます。

タスクの結果

選択したユーザーまたはユーザーグループがコントリビューターのリストに追加され、[Datasets] (データセット)ページでデータセットが表示されます。

データセットの共有ステータスが[Dataset shared with other user(s)] (他のユーザーと共有しているデータセット)に変わります。