複数の環境でのプレパレーションのプロモーション - Cloud

Talend Cloud Data Preparationユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
Talend Cloud Data Preparationを使用する場合のベストプラクティスは、プロダクションチェーンの環境ごとに1つのインスタンスを設定する方法です。

プレパレーションを環境間でプロモーションするには、ソース環境からエクスポートしてから、ターゲット環境にインポートする必要があります。

インポートを実行するには、エクスポートでベースにしたものと同じ名前とスキーマのデータセットがターゲット環境に存在する必要があります。

顧客データを格納したExcelファイルから無効な値とフォーマットエラーを削除するために使うシンプルなプレパレーションの例を見てみましょう。このプレパレーションはcustomers preparationとして保存されています。

以下の手順では、このシンプルなプレパレーションをファイルにエクスポートして、新しい環境に再インポートする方法について説明します。