歴の変更 - Cloud

Talend Cloud Data Preparationユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

Talend Data Preparationでは、[Convert date] (日付の変換)ファンクションを使って歴のタイプを簡単に切り替えることができます。

この例では、日本の顧客の1人に送る必要のある一部の顧客データの準備をしています。データセットには、名前、電話番号、メールアドレスなどの顧客情報が含まれていますが、特定のサービスにサブスクライブした日付も含まれています。

このデータセットでは、グレゴリオ暦のdd/MM/yyyy形式を使ってサブスクリプション日が入力されています。プレパレーションは日本市場向けであり、このターゲットにプレパレーションを適合させる必要があるため、これらの日付を和歴に変換します。

手順

  1. Subscription date (サブスクリプション日)カラムのヘッダーをクリックしてその内容を選択します。
  2. ファンクションパネル[Convert Date] (日付の変換)を選択します。

    対応するファンクションのメニューが開きます。

  3. [Source calendar] (ソースの暦)ドロップダウンリストで[Gregorian calendar] (グレゴリオ暦)を選択します。
  4. [Target calendar] (ターゲット暦)ドロップダウンリストで[Japanese calendar] (和暦)を選択します。
  5. [Submit] (送信)をクリックして、ファンクションをカラムに適用します。

    この関数の結果を新しいカラムに出力するには、[Create new column] (新しいカラムを作成する)チェックボックスを選択します。

タスクの結果

サブスクリプション日に和暦が使用される一方で、dd/MM/yyyy形式が維持され、プレパレーションはより顧客に合ったものになりました。