直前のセルの値を入力 - Cloud

Talend Cloud Data Preparationユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

[Fill empty cells from above] (直前のセルの値を入力)ファンクションを使用すると、値が空でない最も近いセルを上からコピーして、後続の空のセルに入力できます。

注: このファンクションはSparkジョブ、およびHDFSやS3のエクスポートとは互換性がありません。

一連の空のセルがある場合、選択された値がこれらのすべてのセルに入力されます。

たとえば、米国の州、州コードと地域を含むリストをExcelファイルで受信したとします。この入力ファイルを送信したユーザーは、地域名を複数行で繰り返して表示する代わりに、セルを結合してグループ化しています。

Talend Data Preparationでこのファイルを開くと、クオリティバーの[Region] (地域)カラムで示されるように、1行だけ正しい値が表示され、その後は空のセルになります。

ここで、地域のデータを繰り返し、各行にデータがすべて表示されるようにします。

[Fill empty cells from above] (直前のセルの値を入力)を使用すると、地域名のデータを直前のセルの値で入力できます。

手順

  1. [Region] (地域)カラムのヘッダーをクリックして、内容を選択します。
  2. ファンクションパネルで、 [Fill empty cells from above] (直前のセルの値を入力)と入力します。
  3. ファンクション名にカーソルを合わせて結果を表示し、クリックして適用します。

タスクの結果

これで、空のセルにはすべて、最後に入力されたセルの値が入力され、すべての米国の州に対応する地域が表示されるようになりました。