高可用性について

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

Talendシステムでクラスタを設定して、Talend Administration Centerでのタスク実行スケジュールに高可用性とフェールオーバーのフィーチャーを提供できます。これは、複数のジョブコンダクターとジョブ実行サーバーを異なるマシンにデプロイすることによって行います。

注記

このコンテキストでの高可用性は、タスク実行スケジュールのみに言及しています。

概要は次のとおりです。

  • Talend Administration Centerジョブコンダクターを保持する2つのアプリケーションサーバー(TomcatまたはJBoss)と、2つのCommadLineアプリケーションが(異なるマシンに)インストールされています。

  • アプリケーションサーバーのすべてのインスタンスがクラスター化されたプロジェクト管理データベースに接続されます。

  • 最初のCommandLineによってデプロイ対象のアーティファクトが生成されます。最初のCommandLineがダウンした場合にのみ、2番目のCommandLineが使用されます。

  • 実行サーバーで障害が生じると、中断されたタスクはその他の実行サーバーが回復させることができます。

    サーバーが使用不能な場合のフェールオーバーの詳細と、タスクに対して実行可能なさまざまなアクションについての詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照してください。