CommandLine のインストール

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

CommandLineはTalend Studioで開発したプロセス(ジョブ)をJobServerで生成してデプロイするために必要です。このアプリケーションはデータベース内の XML ファイルに基づいて Job の JAVA コードを生成するためのもので、リモートで Job を起動してデプロイする前に起動しておく必要があります。

CommandLine をインストールするには、次の手順に従います。

  1. CommandLineをインストールするマシンにTalend Studioアーカイブファイルをコピーします。このマシンはWebアプリケーションTalend Administration Centerと同じでもかまいませんが、同じにする必要はありません。

  2. 名前にスペース文字を含まないフォルダー内でアーカイブを解凍します。

  3. 必要に応じて、解凍されたフォルダー名がわかりやすいように、「CmdLine」に変更します。

    警告

    CommandLineの名前を「CommandLine」に変更すると問題が発生するため、他の名前に変更するか、まったく変更しないことをお勧めします。

    このディレクトリのcommandline.batまたはcommandline.shファイルを使用してCommandLineプログラムを起動することができます。

  4. デフォルトでは、Studioへの初回接続時にCommandLineインストールディレクトリのルートにライセンスファイルが自動で配置されます。配置されない場合は、Talendから提供されたライセンスファイルをこのディレクトリのルートに配置してください。

    Talend Administration Centerを使用してリモートリポジトリに初めて接続する際に、一部のコンポーネントで必要な外部ライブラリと接続メタデータが、Talend Administration Center[Configuration] (設定)で定義されているSVNディレクトリから取得されます。そのため、CommandLineを起動する前にTalend Administration Centerをインストールして設定し、Studioをリモートリポジトリに接続することが重要です。これにより、必須外部ライブラリに関連するエラーがジョブのコード生成中に発生しなくなります。外部ライブラリの保存先となるSVNディレクトリの設定方法の詳細は、『Talend Administration Center ユーザーガイド』を参照してください。

  5. commandline.batまたはcommandline.shファイルを実行します。

    Linuxでは、権限管理上の理由により、Tomcatと同じ管理者アカウントを使用してCommandLineを起動してください。たとえば、TomcatおよびCommandLineの両方で使用するDIAdminというアカウントを作成できます。

    注記

    ポート番号を変更する必要がある場合は(デフォルトは8002)、CommandLineファイル(システムによって.shまたは.bat)内でポート番号を変更します。

  6. CommandLineをTalend Administration Centerとは別のマシンにインストールする場合は、Talend Administration Center Webアプリケーションの[Configuration] (設定)ページでCommandLineアクセスパラメーターを設定する必要があります。詳細は、『Talend Administration Center ユーザーガイド』を参照してください。

CommandLineの使用方法の詳細は、『Talend Administration Center ユーザーガイド』のAppendix A (付録A)を参照してください。

CommandLineをサービスとしてインストールする場合は、5章 サービスのインストールを参照してください。

CommandLineをWindows/Linux以外のプラットフォーム、または64ビットのプラットフォームにインストールする場合は、Studioの設定を参照してください。