Talend Runtime

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

Talend RuntimeコンテナはApache Karafを基にしています。Karaf Wrapper (サービスラッパー)によって、Talend RuntimeコンテナをWindowsサービスとしてインストールできるようになります。

Talend Runtimeをサービスとしてインストールするには、任意フィーチャーのラッパーを最初にインストールする必要があります。

ラッパーのインストール

  1. Talend Runtimeインストールディレクトリのcontainer/binフォルダーまで移動し、ルートユーザーとしてtrunファイルを実行してコンテナを起動します。

  2. ラッパーフィーチャーをインストールするには、次のように入力します。

    trun@root> features:install wrapper

    インストール後、ラッパーフィーチャーによってwrapper:installという新しいコマンドがtrunファイルに与えられます。このコマンドによって、Talend Runtimeをサービスとしてインストールできるようになります。

  3. サービスをインストールするには、次のコマンドを入力します。

    trun@root> wrapper:install

    自分のサービスの管理に使用されるメインのコマンドがコンソールに表示されます。

    また、自動開始モードでコンテナをサービスとして登録するには、次のように入力します。

    trun@root> wrapper:install -s AUTO_START -n TALEND-CONTAINER -d Talend-Container -D "Talend Container Service"

    TALEND-CONTAINERはサービスの名前、Talend-Containerはそのサービスの表示名、"Talend Container Service"はそのサービスの説明を表します。

    以下は、Linuxで実行するwrapper:installコマンドの例です。

    trun@root> wrapper:install -s AUTO_START -n TALEND-CONTAINER \
    -d Talend-Container -D "Talend Container Service"
    Creating file: <TalendRuntimePath>/bin/TALEND-CONTAINER-wrapper
    Creating file: <TalendRuntimePath>/bin/TALEND-CONTAINER-service
    Creating file: <TalendRuntimePath>/etc/TALEND-CONTAINER-wrapper.conf
    Creating file: <TalendRuntimePath>/lib/libwrapper.so
    Creating file: <TalendRuntimePath>/lib/karaf-wrapper.jar
    Creating file: <TalendRuntimePath>/lib/karaf-wrapper-main.jar
    Setup complete. You may want to tweak the JVM properties in the wrapper
    configuration file:
    <TalendRuntimePath>/etc/TALEND-CONTAINER-wrapper.conf
    before installing and starting the service.

ラッパーファイルがインストールされた後、Talend Runtimeサービスをインストールする必要があります。

注記

次の手順にあるTALEND-CONTAINERはサービスのサンプル名です。また、<TalendRuntimePath>はTalend Runtimeインストールディレクトリです。

さらに、サービスのインストール方法は使用するLinuxの種類によって異なります。

Redhat/Fedora/CentOSシステムへのサービスのインストール

  • サービスをインストールする場合:

    $ ln -s /<TalendRuntimePath>/bin/TALEND-CONTAINER-service /etc/init.d/

    $ chkconfig TALEND-CONTAINER-service --add

  • マシン再起動時にサービスを開始する場合:

    $ chkconfig TALEND-CONTAINER-service on

  • マシン再起動時のサービス開始を無効にする場合:

    $ chkconfig TALEND-CONTAINER-service off

  • サービスを開始する場合:

    $ service TALEND-CONTAINER-service start

  • サービスを停止する場合:

    $ service TALEND-CONTAINER-service stop

  • サービスをアンインストールする場合:

    $ chkconfig TALEND-ESB-CONTAINER-service --del

    $ rm /etc/init.d/TALEND-CONTAINER-service

Ubuntu/Debianシステムへのサービスのインストール

  • サービスをインストールする場合:

    $ ln -s /<TalendRuntimePath>/bin/ TALEND-CONTAINER-service /etc/init.d/

  • マシン再起動時にサービスを開始する場合:

    $ update-rc.d TALEND-CONTAINER-service defaults

  • マシン再起動時のサービス開始を無効にする場合:

    $ update-rc.d -f TALEND-CONTAINER-service remove

  • サービスを開始する場合:

    $ /etc/init.d/TALEND-CONTAINER-service start

  • サービスを停止する場合:

    $ /etc/init.d/TALEND-CONTAINER-service stop

  • サービスをアンインストールする場合:

    $ rm /etc/init.d/TALEND-CONTAINER-service