Talend製品のアーキテクチャ

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

Talend製品の操作の基本方針は、次のトピックで簡潔に要約されています:

  • 技術的またはビジネス関連のプロセス(水色および黄色で図示)

  • ユーザー、プロジェクト、アクセス権、およびプロセスとその依存性の管理 (紫色で図示)

  • 技術的プロセスのデプロイおよび実行(赤色および濃青色で図示)

  • 技術的プロセスの実行の監視(オレンジ色で図示)

注記

ライセンスによっては、一部の機能ブロックを使用できない場合があります。

上記のそれぞれのトピックは、異なる機能ブロックおよび異なるブロックのタイプで分かれており、それらの相互運用性は次の図のように表すことができます:

構築および管理

  • 水色のブロックは、同一または異なるマシン上に存在しうる 1 つ以上の Talend Studio API および Web ブラウザです。

    エンドユーザーはStudio APIから次の技術的プロセスを実行できますTalend Studio を使用して、ユーザーは権限のある任意のプロジェクトで作業できます。詳細は、『Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

    エンドユーザーは、Web ブラウザからセキュアな HTTP プロトコルを介してリモート ベースの Administration Center に接続します。この説明におけるエンドユーザーのカテゴリには、開発者、プロジェクトマネージャー、管理者のほか、データフロー、の構築に関わるさまざまな人たちが含まれます。それぞれのエンドユーザーは、会社のポリシーに応じて、Studio または Administration Center、あるいはその両方を使用します。

  • 紫色のブロックには、2 つの共有リポジトリに接続された Web ベースの Administration Center (アプリケーション サーバー) が含まれます: 一方は SVN サーバーをベースとし、他方はデータベース サーバーをベースとします。

    Administration Center で、すべてのプロジェクトの管理および運営ができます。管理メタデータ(ユーザーアカウント、アクセス権、プロジェクト権限など)はデータベースサーバーに保存され、プロジェクトメタデータ(ジョブ、ビジネスモデル、ルーチンなど)はSVNサーバーに保存されます(そのため、エンドユーザー間でそれらを容易に共有できます)。

    Administration Center では、ジョブの実行およびトリガーを処理するタスクを構成することもできます。また、ジョブの生成および実行サーバーへのデプロイメントも管理します。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照してください。

デプロイおよび実行

  • 濃青色のブロックは、以下のすべてを保存するアーティファクトリポジトリを表します:

    • ダウンロード可能なSoftware Updates (ソフトウェアアップデート)。

  • 赤色のブロックは、Talend Administration Center Webアプリケーションでセットアップされた実行スケジュールによって技術的プロセスを実行する実行サーバーを表します。これらの実行サーバーには次のようなものがあります:

    • 1 つ以上の Talend Runtime (実行コンテナ)Talend Runtime では、Talend Administration Center Web アプリケーションで定義されたセットアップに従って、技術的プロセスをデプロイおよび実行します。これらのプロセスは、Studio から構築されたジョブであり、SVN サーバーで一元管理されます。

    • Talend Administration Center Webアプリケーションで設定された、スケジュールされた時刻、日付、またはイベントによって技術的プロセス(ジョブ)を実行する情報システム内にデプロイされる1つまたは複数のJobServer。

      エンドユーザーは、Studioから技術的プロセスをリモート実行サーバーに直接転送できます(遠隔実行)。

      注記

      Talendで配信されるJobServerファイル("エージェント")は、各実行サーバーにインストールして、操作可能にする必要があります。

      詳細は、JobServer のインストールと設定を参照してください。

監視

  • オレンジ色のブロックは監視を表します: Activity Monitoringコンソール

    エンドユーザーは Activity Monitoring コンソールを使用して、技術的プロセスの実行を監視できます。これは、収集されたログ情報の統合、基盤となるデータフロー間の相互作用の把握、予期せず発生しうる障害の回避、およびシステム管理の意思決定のサポートに使用できる詳細な監視機能を提供します。Activity Monitoringコンソールの詳細は、『Talend Activity Monitoringコンソールユーザーガイド』を参照してください。