Talend Installer固有の前提条件

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

Talend Installerを起動する前に、次の点をチェックしてください。

  • フォルダーにTalend-Tools-Installer-rYYYYY-VA.B.C-installer.zipをダウンロードしていること。

    抽出先のフォルダーに、distファイルと次の4つの実行可能ファイルが見つかります。

    Talend-Tools-Installer-rYYYY-VA.B.C-windows-installer.exe (32ビットおよび64ビットのWindowsユーザー用)

    Talend-Tools-Installer-rYYYY-VA.B.C-linux-installer.run および Talend-Tools-Installer-rYYYYY-VA.B.C-linux64-installer.run (それぞれ32ビットおよび64ビットのLinuxユーザー用)

    Talend-Installer-Tools-rYYYYY-VA.B.C-osx-installer.app.tarという名前の.tarファイルにあるTalend-Tools-Installer-rYYYYY-VA.B.C-osx-installer.app (MacOS ユーザー用)

    YYYYはリビジョン番号を、A.B.Cはリビジョンレベル(メジャー.マイナー.パッチ)を表します。

  • Talend モジュールをインストールするステーションに、次のソフトウェアとモジュールが正しく設定されている。

    • オペレーティングシステムはLinux 32/64ビット、Windows 32/64ビット、またはMac OS X

    • JDK 1.6.0以降のバージョンをインストールする必要があります。Talend InstallerでNexusをインストールする場合は、Java 1.7.0_21以降のバージョンがマシン上にインストールされている必要があります。

      注記

      Talend Installerでは、JDK 1.6以降のバージョンが存在するかどうかが自動的にチェックされます。JDKのインスタンスが見つからない場合、インストーラーはシャットダウンされます。

    • Windowsにサービスをインストールする場合は、Talend Installerで.NETバージョン2からバージョン3.5までのいずれかが必要となります

    • (任意)メールサーバー(電子メールで通知を送信する場合)

  • CentOS/Redhatの場合、Talend Installerを起動する前に次のコマンドが実行されます。

    sudo yum install rpm-build

Linuxユーザーの場合:Talend Installerでは、sdshellユーティリティがサポートされていません。

重要:

Talend Installerによって、手動インストールを必要とせず、すぐに使えるTalendソリューションを利用できるようになります。ただし運用準備ができている環境では、特定のニーズに応じて他の構成や最適化が必要となることがあるため、このソリューションは提供されません。

たとえば、Talend Administration Center にデフォルトで組み込まれているH2データベースを自分のデータベース(MySQLやOracle など)に変更する場合などです。

注記

Talend Installerは、Talendソリューションの初回インストールでのみ使用されます。移行とアップグレードのプロセスについての詳細は、4章 Talend製品のアップグレード を参照してください。