これまでに生成されたタスクの取得

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

以前のバージョンのTalend Administration Centerでスケジュールされたタスクは、同じバージョンのCommandLineを使って生成されていますが、これらのタスクを新しいCommandLineで再コンパイルする必要はありません。

これらのバイナリは、[Configuration] (設定)ページにある[Job conductor] (ジョブコンダクター)ノードの[Generated jobs folder] (生成ジョブ用フォルダー)パラメーターで定義されたフォルダーにあります。このアーカイブフォルダーでは、生成された特定のタスクすべてがその専用サブフォルダー保存されています。

[Export parameters] (パラメーターのエクスポート)と[Import parameters] (パラメーターのインポート)オプションを使って、設定内容を取得した場合、既存のアーカイブフォルダーへのパスが自動的に保持されます。

Job Conductorモジュールで生成バージョンを確認する方法についての詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照してください。

[Export parameters] (パラメーターのエクスポート)と[Import parameters] (パラメーターのインポート)オプションを使用しなかった場合に再生成を強制するには、[Configuration] (設定)ページでアーカイブフォルダーへのパスを更新します。

注記

Talend Administration Center アプリケーションの古いバージョンを新しいバージョンと並行して使用し続ける場合、新しいアーカイブフォルダーを作成し、古いフォルダーの内容を新しいフォルダーにコピーして、[Configuration] (設定)ページにこの新しいフォルダーへのパスを入力する必要があります。