高可用性の有効化

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

この高可用性アーキテクチャを実装するには、最初にアプリケーションサーバーのインスタンスをいくつかインストールして設定し、それらをプロジェクト管理データベースに接続する必要があります。

  1. アプリケーションサーバーへのTalend Administration Centerのデプロイの説明に従い、1台のTomcatサーバーをインストールします。

  2. Tomcatの起動とTalend Administration Centerのデプロイの前に、Tomcatをクラスターモードに設定します。クラスターモードに設定するには、次の手順に従います。

    • 次のファイルを編集します。

      /<ApplicationPath>/WEB-INF/classes/quartz.properties

    • 次の行で、コマンドの先頭のハッシュ文字(#)を削除してコメントを解除します。

      #org.quartz.scheduler.instanceName = MyClusteredScheduler
      

      #org.quartz.scheduler.instanceId = AUTO
      

      #org.quartz.jobStore.isClustered = true
      

      #org.quartz.jobStore.clusterCheckinInterval = 20000

  3. このTomcatインスタンスを必要な数だけ複製します。すべてのTomcatインスタンスが異なるポート番号を使用することを確認します。

    警告

    すべてのシステム クロックが同期していることを確認してください(クロックは互いに1秒以内で同期している必要があります)。時間同期サービスの詳細は、SNTP、Windowsタイムサービスツール、およびネットワーククロックに関する適切なMicrosoftドキュメントを参照してください。

  4. org.talend.administrator WebアプリケーションをすべてのTomcatインスタンスに複製します。すべてのWebアプリケーション設定が同一であることを確認します。

  5. アプリケーションサーバーへのTalend Administration Centerのデプロイの末尾に示されているコマンドに従って、Tomcatインスタンスを1つ起動します。

  6. Tomcatの他のインスタンスも、上記の同じ手順に従って起動します。

タスクの実行中に、複数の実行サーバーのいずれかで障害が生じると、フェールオーバーが実行されます。サーバーで障害が生じると、クラスター内のその他のサーバーがその状態を検出し、障害が生じたサーバー内で進行していたタスクをデータベース内で特定します。回復用としてマークされたタスクは、別のサーバーが処理を引き継ぎます。

負荷分散に使用されるサーバーの順序付けは、範囲(空きディスク容量の制限など)と重みが<ApplicationPath>\WEB-INF\lib\org.talend.monitoring.client-A.B.C_rYYYYY.jar内に含まれるmonitoring_client.propertiesファイルで定義されているインジケーターに基づく点に注意してください。これらの値は、必要に応じて編集できます。詳細は、負荷分散に使用するサーバーを決定するインジケーターの設定を参照してください。

Talend Administration Center は、JBossアプリケーションサーバー(Tomcatの代わりに)にデプロイすることもできます。したがって、JBossの場合も上記の同じ手順に従うことができます。JBossにWebアプリケーションをデプロイする方法の詳細は、JBossへのTalend Administration Centerのデプロイを参照してください。

注記

夏時間の変更に関連する既知のマイナーな問題によって、フェールオーバーが適切に動作しない場合があります。ただし、時間変更後にTomcatを再起動するだけで、この問題は簡単に解決できます。これは実行にはまったく影響しません。