他のマシンからアクセスするためのH2データベースの設定

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

プロジェクト間の情報を集中管理するため、他のユーザーがH2データベースにアクセスできるようにするには、次の操作を行います。

  1. Tomcatサービスが実行中であれば停止します。

  2. H2データベースサーバーパッケージを任意のローカルドライブに解凍します。最新のH2データベースサーバーパッケージはhttp://www.h2database.com/html/download.htmlで入手できます。

  3. CMDウィンドウを開き、H2データベースサーバーパッケージを解凍したドライブに進み、h2*.jarファイルが含まれているh2\binにディレクトリを変更します。

  4. 次のコマンドを使って、H2サーバーをサービスとして開始します。

    java -cp h2*.jar org.h2.tools.Server -tcp -tcpAllowOthers
    -tcpPort <port_number>

これで他のユーザーもH2データベースにアクセスできるようになりますが、 Talend Administration Centerが動作するよう、データベースURLを編集する必要があります。

そのためには、次の操作を行います。

  1. <ApplicationPath>/WEB-INF/Classesフォルダーでconfiguration.propertiesファイルを開き、H2データベースURL設定を次のように編集します。

    database.url=jdbc:h2:tcp://<IP_address>:<port_number>/file:<ApplicationPath>/WEB-INF/database/talend_administrator;AUTO_SERVER=TRUE;IFEXISTS=TRUE;MVCC=TRUE; LOCK_TIMEOUT=15000

    <IP_address>はユーザーのIPアドレス、<port_number>はH2サーバーの開始に使用されるコマンドで指定されているTCPポート番号、<ApplicationPath>org.talend.administratorがデプロイされた場所を表します。

  2. Tomcatサービスを開始します。

  3. Talend Administration Center Webアプリケーションを開始します。

これで、他のユーザーもこのURLアドレスを通じてH2データベースにアクセスし、使用できるようになります。