コマンドラインを使用したデータベースXからデータベースYへの移行

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

たとえば、データベースH2から、別のデータベースMySQLに移行するとします。

これを行うには、migrateDatabaseと呼ばれるMetaServletコマンドを使用する必要があります。

このコマンド(と関連パラメーター)のヘルプを表示するには、次をMetaServletアプリケーションに入力する必要があります。

MetaServletCaller.bat --tac-url=<yourApplicationURL> -h migrateDatabase

MetaServletアプリケーションの詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照してください。

下記に、WindowsでのデータベースH2からPostgreSQLへの移行例を示します。

MetaServletCaller.bat --tac-url http://localhost:8080/org.talend.administrator 
--json-params={"actionName": "migrateDatabase", "dbConfigPassword": "admin", "mode": 
"synchronous", "sourceUrl": "'jdbc:h2:C:/Talend/5.6.1/tac/apache-tomcat/webapps/
org.talend.administrator/WEB-INF/database/talend_administrator'", "sourceUser": "admin", 
"sourcePasswd": "admin", "targetPasswd": "root", "targetUrl": 
"'jdbc:postgresql://localhost:5432/postgres'", "targetUser": "postgres"}

警告

sourceURLおよびtargetURLパラメーター値内の単一引用符はWindowsでは必須ですが、Linuxでは必須ではありません。