CommandLineデーモンファイルの例

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

Redhatの場合

以下は、RedhatディストリビューションでCommandLineを起動するために使用できるコマンドの一部です。

  1. 次のスクリプトを /etc/init.d/commandlineファイルに作成/コピーします。

    #!/bin/sh
    ### BEGIN INIT INFO
    # Default-Start:     2 3 4 5
    # Default-Stop:      S 0 1 6
    # Short-Description: Example initscript
    # Description:       This file should be used to construct scripts to be placed in /etc/init.d.
    ### END INIT INFO
    
    # Author: jsd03
    
    # Do NOT "set -e"
    
    # PATH should only include /usr/* if it runs after the mountnfs.sh script
    PATH=/usr/sbin:/usr/bin:/sbin:/bin
    COMMANDLINE=/oa/TIS/commandline303
    CMD_WORKSPACE=$COMMANDLINE"/commandline-workspace"
    STARTUP=commandline.sh
    USER=cxp
    NAME=commandline
    PORT=10004
    
    
    # Read configuration variable file if present
    [ -r /etc/default/$NAME ] && . /etc/default/$NAME
    
    # Load the VERBOSE setting and other rcS variables
    [ -f /etc/default/rcS ] && . /etc/default/rcS
    
    # Define LSB log_* functions.
    # Depend on lsb-base (>= 3.0-6) to ensure that this file is present.
    . /lib/lsb/init-functions
    
    #
    # Function that starts the daemon/service
    #
    do_start()
    {
    echo -n $"Starting commandline service: "
     su - $USER -c "rm -Rf $CMD_WORKSPACE"
     su - $USER -c "cd $COMMANDLINE && screen -dmS cmdLine ./$STARTUP"
    #screen -dmS cmdLine $DAEMON_START
     RETVAL=$?
     echo
    
    }

    #
    # Function that stops the daemon/service
    #
    do_stop()
    {
     echo -n $"Stopping commandline service: "
     su - $USER -c "( echo 'stopServer' ; sleep 2 ) | telnet localhost $PORT"
     RETVAL=$?
     echo
    
    }
    
    case "$1" in
    start)
    do_start
     ;;
    stop)
     do_stop
     ;;
    *)
     echo $"Usage: $0 {start|stop}"
     exit 1
    esac
    
    exit 0

  2. スクリプト内のUSERCOMMANDLINEの変数値を (それぞれTalendの実行に使用する専用ユーザーとCommandLineパスで)編集します。

  3. スクリプトが実行可能であることを確認するには、次のように入力します。

    # chmod 0755 /etc/init.d/commandline

  4. 次のように入力します。

    chkconfig --list

    chkconfig --add commandline

    これで、この自己定義サービスをテストできます。

Solarisの場合

JobServerをサービスとして実行する場合と同じメソッドがCommandLineにも適用されます。詳細は、Solarisの場合を参照してください。