Archivaアーティファクトリポジトリ(非推奨)

Talend Enterprise Big Data インストレーションガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード

Archivaアーティファクトリポジトリ用のサービスを作成するには、次のようにします。

  1. Archivaアーティファクトリポジトリをディレクトリ/etc/init.d/archivaで実行できるスクリプトを作成します。

    #!/bin/sh
    
    ### BEGIN INIT INFO
    # Short-Description: Example initscript
    # Description:       This file should be used to construct scripts to be placed in   /etc/init.d/archiva
    ### END INIT INFO
    
    ARCHIVA_USER=archiva
    #path to Talend Artifact Repository installation
    ARCHIVA_HOME=/opt/Talend-Artifact-Repository
    
    # Function that starts the service
    start() {
        /bin/su $ARCHIVA_USER $ARCHIVA_HOME/bin/archiva.sh start
    }
    
    # Function that displays the service status
    status() {
       /bin/su $ARCHIVA_USER $ARCHIVA_HOME/bin/archiva.sh status
    }
    
    # Function that stops the service
    stop() {
        /bin/su $ARCHIVA_USER $ARCHIVA_HOME/bin/archiva.sh stop
    }
    
    
    case "$1" in
     start)
            start
            ;;
     stop)
            stop
            ;;
     restart)
            stop
            start
            ;;
     status)
            status
            ;;
     *)
            echo $"Usage: $0 {start|stop|restart|status}"
            exit 1
            ;;
    esac
    
    exit 0

  2. 以上のファイルが実行可能であることを確認します。そのためには、/etc/init.d/archivaディレクトリで次のコマンドを実行します。

    # chmod +x /etc/init.d/archiva

  3. 次のコマンドを実行します。

    # update-rc.d archiva defaults 60