カラム分析の定義 - 7.1

Talend Data Management Platform入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Management Platform
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
ここでの作業は、StudioのProfilingパースペクティブからカラム分析を作成し、MySQLデータベース内の電子メールカラムと電話番号カラムを検証し、それらに関する統計を収集することです。分析は複数のカラムに対して実行されますが、各カラムが互いに無関係に個別に分析されます。

始める前に

  • StudioでProfilingパースペクティブを開いていること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで[Analyses] (分析)を右クリックし、[New Analysis] (新規分析)を選択します。

    [Create New Analysis] (新しい分析を作成)ウィザードが開きます。

  2. 検索フィールドにBasic column analysisと入力し、表示されるリストから[Basic Column Analysis] (カラム分析)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  3. [Name] (名前)フィールドに、分析の名前を入力します。

    [Name] (名前)フィールドは必須です。分析名にはスペースや特殊文字は使用できません。

  4. 分析の目的と詳細を設定し、[Finish] (終了)をクリックして分析エディターを開きます。

    [Purpose] (目的)フィールドと[Description] (詳細)フィールドは必須ではありませんが、分析を選択するときに[Detail View] (詳細ビュー)に表示されるこの情報を入力することをお勧めします。

タスクの結果

新しい分析は、[DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューの[Analysis] (分析)フォルダーの下にリスト表示されます。