Talend Data Preparationの起動シーケンスと停止シーケンス - 2.8

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
2.8
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

Talend Data Preparationとその依存性を手動で起動または停止するには、特定のシーケンスに従う必要があります。

ZookeeperとKafkaは、Talend Dictionaryサービスを使ってセマンティックタイプを追加する場合にだけ必要です。Talend Dictionaryサービスが利用可能かどうかは、サブスクリプションレベルによります。

Streams RunnerSparkジョブサーバーは、Talend Data Preparation for Big Dataを使用する場合にだけ必要です。

Talend Data Preparationとその依存性を起動する場合の順序は次のとおりです。

  1. Zookeeper
  2. Kafka
  3. MongoDB
  4. Talend Administration Center
  5. Talend Identity and Access Managementサービス
  6. Talend Dictionaryサービス
  7. コンポーネントカタログ
  8. Streams Runner
  9. Sparkジョブサーバー
  10. Talend Data Preparation

停止シーケンスは、開始シーケンスの逆バージョンになります。