Talend Data Preparationで監査機能を有効化し、設定する - 2.8

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
2.8
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

イベントが正しく追跡され、記録されるように、Talend Data Preparationで監査機能を有効化し、設定することができます。

Talend Data Preparation内の指定したアイテムに対するすべてのユーザーアクションを監査できます。監査イベントには、誰がアクションを行ったか、オペレーションが何であったか、いつ行われたかが示されます。状況によっては、監査機能を無効にして監査イベントの生成を停止することも可能です。

監査イベントには以下が含まれます:

カテゴリー イベント
フォルダー フォルダーが作成された。
フォルダーが削除された。
フォルダーの名前が変更された。
フォルダーが共有された。
プレパレーション プレパレーションが作成された。
プレパレーションが削除された。
プレパレーションがコピーされた。
プレパレーションが移動された。
プレパレーションの名前が変更された。
プレパレーションがインポートされた。
手順 手順が作成された。
手順が更新された。
手順が削除された。
手順の順序が変更された。
手順が既存のプレパレーションからコピーされた。
バージョン バージョンが追加された。
エクスポート プレパレーションからのサンプルがエクスポートされた。
プレパレーションからのデータがすべてエクスポートされた。
Studioの実行 プレパレーションが、Talendジョブ内でtDataprepRunコンポーネントとともに使用された。

始める前に

Talend Data Preparationのインストール時にTalend Log Serverをインストールした。

手順

  1. <TDP_installation_path>/dataprep/config/application.propertiesファイルを開きます。
  2. audit.log.enabledパラメーターの値をtrueに設定します。
  3. <TDP_installation_path>/dataprep/config/audit.propertiesファイルを開きます。
  4. log.appenderパラメーターに、以下の値の1つまたは複数を選択します。
    プロパティ 説明
    socket この値は使用しないで下さい。
    file ログエントリが.jsonファイル内に保存されます。

    オプションで、新しいメッセージをピックアップしてLogstashに送信するように、Filebeatインスタンスを設定することもできます。Filebeatを設定するには、<TDP_installation_path>/filebeat.ymlファイルを編集します。

    console 監査ログメッセージが<TDP_installation_path>/data/logs/app.logログファイルに保存されます。
    http ログエントリがHTTPリクエスト経由で送信されます。

    ログサービスプラットフォームhttp://[log server address]:5601にアクセスし、左上の[Dashboard] (ダッシュボード)リストから[talendaudit*]を選択すれば、監査イベントを後で確認することも可能です。

  5. 変更を保存します。
  6. Talend Log Serverを開始します。
  7. 使用する場合はFilebeatを開始します。
  8. 使用する場合はTalend Data Preparationを開始します。