Salesforceからのデータセットの追加 - 2.8

Talend Data Preparation ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
2.8
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
EnrichPlatform
Talend Data Preparation

Talend Data Preparationはさまざまなデータソースに接続して新しいデータセットを作成できます。

この例では、Salesforceに保存されている顧客データを準備するという想定で説明します。Salesforce接続情報をTalend Data Preparationインターフェイスで直接入力し、このデータから新しいデータセットを作成します。

手順

  1. Talend Data Preparationホームページの[Datasets] (データセット)ビューで、[Add Dataset] (データセットを追加)ボタンのとなりの白い矢印をクリックします。
  2. Salesforceを選択します。

    [Add a Salesforce dataset] (Salesforceデータセットを追加)フォームが開きます。

  3. [Dataset name] (データセット名)フィールドに、データセットに付ける名前を入力します。
  4. [Salesforce URL] (SalesforceのURL)で、アクセスするSalesforce環境へのURLを入力します。
  5. [Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)および[Security token] (セキュリティトークン)フィールドに、Salesforce接続情報を入力します。
    注: Salesforceのセキュリティキーを紛失した場合は、最後にSalesforceのパスワードを変更したときに受信したメールを参照して下さい。この電子メールを紛失した場合は、Salesforceアカウントにログインし、[My settings] (マイ設定) > [Personal] (個人) > [Reset my security token] (セキュリティトークンのリセット)をクリックして、セキュリティキーをリセットできます。
  6. [Test connection] (接続のテスト)をクリックします。

    接続が確立されると、フォームの2つ目の部分が表示されるので、クエリーを入力するか、表示されたリストからSalesforceモジュールを直接選択できます。接続が確立されなかった場合は、その理由の詳細を示すエラーメッセージが表示されます。

  7. [Source type] (ソースタイプ)フィールドで、次のいずれかのオプションを選択します。
    • [Module selection] (モジュール選択)ラジオボタンを選択し、[Salesforce module] (Salesforceモジュール)ドロップダウンリストから選択します。

      モジュールを選択すると、[Column selection] (カラム選択)メニューが開き、データセットに追加するカラムを選択できます。

      次に[Condition] (条件)フィールドでクエリを二重引用符の間に入力して、抽出するデータを選択することができます。たとえば、name='Talend'またはname like '%talend_user%'のようにします。

    • [SOQL query] (SOQLクエリー)ラジオボタンを選択し、[Query] (クエリー)フィールドに、取得する情報のクエリーを入力します。
  8. フォームの末尾にある[Add dataset] (データセットを追加)ボタンをクリックします。

タスクの結果

Salesforceから抽出したデータがグリッド内に開かれ、プレパレーションの作業を通常どおりに開始できます。

データはSalesforceに保存されたままの状態であり、Talend Data Preparationはサンプルのみをオンデマンドで取得します。

データセットはホームページの[Datasets] (データセット)ビュー内のリストに追加されます。