辞書ベースのセマンティックタイプへの値の追加 - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

Talend Dictionaryサービスで作成した辞書ベースのセマンティックタイプに対し、新しい値が含まれるファイルをアップロードするか、値を手動で入力して、値を追加できます。

最初の選択肢では、辞書ベースのセマンティックタイプに追加する値が多数ある場合には、時間を大幅に短縮できます。ただし、重複した値はこの(辞書ベースの)セマンティックタイプでは許可されません。そのような値は無用であり、プロセスを遅延させる可能性があるためです。

手順

  1. すでに作成した辞書ベースのセマンティックタイプに追加する値をリストするテキストファイルを作成します。
    ファイルでは、1行あたり1つまたは複数の値を示すことができます。値の最大長は255文字です。

    同じ行で複数の値を使用する場合は、カンマで区切ります。その場合、すべての値はシノニムと見なされます。アルファベット以外の値は引用符で囲む必要があります。そうしないとファイルは拒否されます。

  2. ホームページで、[SEMANTIC TYPES] (セマンティックタイプ)をクリックします。
  3. 右上隅のフィルターフィールドを使用して、変更するセマンティックタイプを検索してクリックします。
  4. [Values] (値)の右側にあるアイコンをクリックし、追加の値を保持するファイルをインポートします。
    ファイルに含まれている値を既存の値に追加するか、既存の値をファイルのコンテンツに置き換えるかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

    重複する値は許可されません。ファイルをインポートすると、重複排除プロセスが自動的に実行され、辞書に追加された値の数と見つかった重複の数を示すメッセージが表示されます。

    追加する値がいくつかある場合は、アイコンを使用して、重複していないという条件で手動で値を追加できます。

  5. 表示されたメッセージで[Import Values](値のインポート)をクリックして操作を確認します。
  6. [SAVE AND PUBLISH] (クリックしてパブリッシュ)をクリックして更新されたセマンティックタイプをTalend Dictionaryサービスサーバーに送信し、システムで使用できるようにします。
    [SAVE AS DRAFT] (下書きとして保存)をクリックすると、システム全体に反映することなく新しいタイプがサーバーに保管されます。新しいタイプ名は、パブリッシュされていない場合には使用できません。

タスクの結果

すべての新しい値が、ユーザーインターフェースで開いているリストに追加されます。