セマンティックタイプのインポート - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
ソース環境からエクスポートしたセマンティックタイプをターゲット環境にインポートできます。 ソース環境とターゲット環境は同じ製品バージョンに属している必要があります。

始める前に

  • Platformのライセンスがあること。
  • 複合セマンティックタイプをインポートする場合、参照される子タイプがすべてターゲット環境でTalend Dictionaryサービスに公開済みであること。

手順

  1. キャンペーンオーナーとしてTalend Data Stewardshipに、または任意のユーザーロールでTalend Data Preparationにログインします。
  2. 左側のパネルメニューの[SEMANTIC TYPES] (セマンティックタイプ)タブを選択し、ページ上部の[IMPORT SEMANTIC TYPES] (セマンティックタイプのインポート)タブをクリックします。
  3. ローカルシステムにエクスポートして保存した.jsonファイルを参照し、[Open] (開く)をクリックします。
    インポートを確認するメッセージ、またはターゲット環境に既に存在する同じ名前のセマンティックタイプを上書きするかどうかを問い合わせるメッセージが表示されます。

    セマンティックタイプがTalend Dictionaryサービスに公開されている場合、およびインポートするものと同じカテゴリータイプがある場合に限り、セマンティックタイプを同じ名前で上書きするかどうかを確認するプロンプトが表示されます。

タスクの結果

セマンティックタイプはインポートされてTalend Dictionaryサービスに自動的に公開され、[Modified By] (変更者)[Modified On] (変更日時)の値が更新されます。