解決済みタスクへのアクセス - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

キャンペーンで定義されたワークフローに基づいてさまざまな状態を経由するライフサイクルがタスクに設定されています。データスチュワードがタスクの変更を完了し、ワークフローで定義されている状態すべて経由すると、解決済みの状態になります。

解決済みタスクにアクセスする場合、解決済みになった後に再び開き、ワークフローの初期状態に戻すことが非常に重要です。

始める前に

ユーザーはキャンペーンの参加者で、ワークフローの適切な状態のタスクにアクセスするロールが付与されているはずです。

手順

  1. [TASKS] (タスク)ページで、開くキャンペーンの名前をクリックします。
  2. メニューバーで、[State] (状態) > [Resolved] (解決済み)および[Assignment] (割り当て) > [Unassigned] (未割り当て)の組み合わせを使用して、解決済みタスクのリストを開きます。
  3. 右パネルで1つ以上のタスクを選択し、[TASK] (タスク)をクリックします。
  4. タスクの再開で説明されているように、タスクを再度開きます。