Talend Data Stewardshipユーザーの追加 - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
このタイプのユーザーはTalend Data Stewardshipにアクセスできますが、他のプロジェクトへのアクセス権はありません。

始める前に

ユーザーはTalendサブスクリプション製品のライセンスを所有しているはずです。

手順

  1. Talend Administration Centerにログインします。
  2. [USERS] (ユーザー)ページで[Add] (追加)をクリックして右側の[Data] (データ)パネルを有効化し、ユーザーの情報を登録します。
  3. このアカウントのユーザー名、ログイン(メールアドレス)、パスワードを入力します。
  4. ユーザーはプロジェクトにリンクされておらず、Talend Data Stewardshipでのみ作業するため、データスチュワードシップユーザータイプとしてType (タイプ)リストからNo Project access (プロジェクトアクセスなし)を設定します。
  5. このアカウントをデータスチュワードシップアカウントとして設定するには、[Data Stewardship User] (データスチュワードシップユーザー)チェックボックスを選択します。
    同じユーザーがTalend Data Preparationにアクセスできるようにするには、[Data Preparation User] (データプレパレーションユーザー)のチェックボックスを選択します。
  6. Data Stewardship Role (データスチュワードシップロール)のとなりのをクリックすると、ダイアログボックスが開き、選択したユーザーに割り当てるデータスチュワードシップロールのチェックボックスを選択できます。
    データ管理の定義済みロールの詳細は、組み込みロールとワークフローを参照してください。
  7. Dictionary Service User (ディクショナリーサービスユーザー)チェックボックスを選択して、現在のユーザーがTalend Dictionaryサービスにアクセスできるようにします。
    このチェックボックスは、ライセンスにData Qualityが含まれている場合に限り、つまりData Management以上の場合に限り表示されます。
  8. [Save] (保存)をクリックして、新規ユーザーの作成を検証します。

タスクの結果

Data Stewardshipユーザーが作成され、[Users] (ユーザー)ページのユーザーのリストに追加されます。