ダッシュボードでウィジェットを管理する - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

特定のキャンペーンの監視ページを開き、データスチュワードがタスクに対して実行したオペレーションに関連する情報を視覚化し、主要なパフォーマンスインジケーターを確認します。

ページに初めてアクセスした場合は、使用可能なウィジェットがすべてデフォルトで作成されます。

手順

  1. キャンペーンオーナーとしてTalend Data Stewardshipにログインします。
  2. [CAMPAIGNS] (キャンペーン)を選択し、割り当てを受けたキャンペーンのリストを開きます。
  3. 監視するキャンペーンをポイントし、右側に表示される[Monitor campaign] (キャンペーンの監視)アイコンをクリックします。
    傾向と数値のウィジェットを示すダッシュボードが表示されます。
  4. ウィジェットのいずれかの名前を変更するには、次の手順に従います。
    1. ヘッダーをポイントし、表示される[Edit] (編集)アイコンをクリックします。
    2. 新しい名前を入力し、[Submit] (送信)をクリックします。
  5. ウィジェットのいずれかを管理するには、ウィジェットのヘッダーで[Configure widget] (ウィジェットの設定)アイコンをクリックし、次の手順に従います。
    以下を選択します 内容
    [Filter by data stewards] (データスチュワードでフィルタリング) 複数のスチュワードまたは単一のデータスチュワードの傾向を表示する
    [Filter by date] (日付でフィルタリング) 特定の日付範囲で傾向を表示する
    [Remove widget] (ウィジェットの削除) ウィジェットを削除する
  6. 任意のウィジェットをクリックしたままにし、ページ上の新しい場所にドロップすることもできます。
    ダッシュボード上のウィジェットをどれか1つでも変更すると、ダッシュボード全体が保存されます。