複数のタスクでのアービトレーションの選択 - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
アービトレーションまたはグルーピングキャンペーンでタスクを処理する場合、データスチュワードは一度に複数のタスクに対して1つのアービトレーションを選択し、タスクをワークフローで定義されている2番目の状態に移行することができます。

手順

  1. データスチュワードとしてログインし、[Tasks] (タスク)ページで、管理対象のタスクが含まれる[Arbitration] (アービトレーション)または[Grouping] (グルーピング)キャンペーンをクリックします。
  2. 右パネルで[TASK] (タスク)をクリックし、[Arbitrate tasks](タスクのアービトレーション)を展開します。
  3. Selection (選択)リストから、選んだコンテンツをすべてのタスクに設定するか、タスクリストで選択したタスクにのみ設定します。
    利用可能なオプションは、キャンペーンの作成中に定義されたもので、Clear arbitration choice (アービトレーションの選択のクリア)という追加のデフォルトオプションが表示されます。
  4. Arbitration (アービトレーション)リストから、タスクに設定する選択肢を選択し、[Submit] (送信)をクリックします。
  5. 選択したタスクに対してこれまでに行ったアービトレーションの選択をリセットするには、リストからClear arbitration choice (アービトレーションの選択のクリア)を選択し、[Submit] (送信) をクリックします。

タスクの結果

選択したタスクにアービトレーションが設定され、タスクリストが再び読み込まれます。