チャートを使用したタスクのフィルタリング - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

右パネルに表示されている[CHART] (チャート)ビューを使用してデータをフィルタリングし、解決する、または特定のデータスチュワードに割り当てるまたは委任するタスクのみを一覧表示することができます。

チャートは選択したカラムに含まれる値の分布をグラフィカルに表現したものです。選択したデータの種類によって異なるチャートがタスクリストのとなりに表示されます。

手順

  1. キャンペーンを開きます。
  2. タスクリストのカラムヘッダーをクリックしてコンテンツを選択します。
    カラムの値の分布は、テキスト値の縦棒グラフと、数値の横棒グラフによって表されます。
  3. チャートの任意のバーをポイントして、値の名前および出現回数を表示できます。
  4. フィルター処理する値のバーをクリックするか、[Shift] + [Ctrl]キーを押しながらチャートの複数のバーを選択して、対応するタスクを一覧表示します。
    フィルター詳細がリストの上に追加され、左上にスイッチが表示されます。
  5. カラムのクオリティバーの色をクリックして、チャートのフィルターとのクオリティバーのフィルターを組み合わせ、必要に応じて複合条件を満たすタスクを一覧表示できます。
  6. スイッチをクリックすると、必要に応じてフィルタリングされたタスクリストとフィルタリングされていないタスクリストを切り替えることができます。
  7. 定義したフィルターを削除するには、リストの右上にポインターを置き、ごみ箱アイコンをクリックします。