既存のセマンティックタイプの更新 - 7.2

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > セマンティックタイプの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

Talend Dictionaryサービスで既存のセマンティックタイプを編集し、Talend Data Stewardshipでのデータ検証方法に影響を与えることができます。

Talend Data Stewardshipの事前定義済みセマンティックタイプは標準値に基づいていますが、独自のデータに合わせてセマンティックタイプを調整する必要があります。事前定義済みカテゴリーに入ると思われる一部のデータは、無効と見なされる可能性があります。

ここで、メールアドレス、生年月日、居住国を示す顧客リストを含むデータセットの例を見てみましょう。

ここで問題となるのは、Republic of Angolaは、Talend Data Stewardshipcountryセマンティックタイプで期待されている値の1つではないということです。

今後この問題の発生を回避するために、Talend DictionaryサービスCountryセマンティックタイプを更新し、Republic of Angolaを有効なエントリーのリストに追加する必要があります。この変更は、Talend Data Stewardshipで自動的に使用可能になります。

手順

  1. [SEMANTIC TYPES] (セマンティックタイプ)を選択します。
  2. ページの右上隅にある検索アイコンをクリックし、countryを入力してセマンティックタイプのリストをフィルターします。
  3. リストから[Country] (国)を選択します。
  4. [Values](値)の横にあるアイコンをクリックし、表示されているフィールドにRepublic of Angolaと入力します。
  5. をクリックすると、Countryセマンティックタイプの有効なエントリのリストの先頭にこの新しい値が追加されます。
  6. [SAVE AND PUBLISH] (保存してパブリッシュ)をクリックして、セマンティックタイプを Talend Dictionaryサービスサーバーに送信し、Data Stewardshipで使用できるようにします。
    [SAVE AS DRAFT] (下書きとして保存)をクリックすると、システム全体に反映することなく新しいタイプがサーバーに保管されます。新しいタイプ名は、パブリッシュされていない場合には使用できません。このオプションの使用例を示すために、仮に、新しいプロジェクトの一部としてデプロイする新しいセマンティックタイプが存在するとしましょう。セマンティックタイプを作成して作業を準備し、プロジェクトの稼動前にそれらをドラフトとして保存し、セマンティックタイプを稼動日にのみデプロイできます。
  7. [TASKS] (タスク)ページに戻り、顧客の国が含まれているタスクリストを更新するか、または再度開きます。
    セマンティックタイプの変更がTalend Data Stewardshipで使用できるようになっており、Republic of Angolaが有効な値となっています。

    また、各タスクの履歴にエントリが追加され、セマンティックタイプに対して行われた変更が表示されます。

タスクの結果

Countryセマンティックタイプは、その新しい値をサポートするように手動で更新されています。

以降、Countryセマンティックタイプと一致するデータを利用する際は、Republic of Angola(アンゴラ共和国)は有効な値と見なされます。