増分データプロファイリングのスケジュール - Cloud

Talend Cloud Data Catalogユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog

プロファイリングプロセスを定期的に実行し、最大期間かデータ量でこれを制限するようスケジュールできます。

ブリッジは、プロファイリング結果をMIMBキャッシュに早急に保存します。複数のファイルをプロファイル化する場合は、準備ができしだい各ファイルのプロファイリング結果を保存します。

ブリッジが失敗した場合は、キャッシュ内の最終ポイントから再開します。ファイルが変更されていないことをブリッジが検出した場合は、そのファイルのプロファイリング時間を更新します。

始める前に

[Administrators] (管理者)グループ、または[Application Administrators] (アプリケーション管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインしていること。

手順

  1. [Import Setup]タブの[Incremental Import] (増分インポート)パラメーターで、True値を選択します。
  2. 次のオプションを指定します。
    • -tl 3600s 処理時間の制限(sは秒数、mは分数、hは時間数)
    • -fl 1000 処理ファイルのカウント制限

    [Help] (ヘルプ)パネルを展開してパラメーター情報を参照します。