メタデータのインポート - Cloud

Talend Cloud Data Catalogユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog

手順

  1. [MANAGE] (管理) > [Repository] (リポジトリー)に移動します。
  2. [New] (新規) > [Model] (モデル)をクリックします。
  3. 次のフィールドに入力します。
    フィールド 説明
    Name (名前) モデルの名前を入力します。
    Description (説明) モデルの説明を入力します。
    Import Server (インポートサーバー) オプションとして、リモートブリッジサーバーを使うサーバーの名前を選択します。
    Import Bridge (インポートブリッジ) ドロップダウンリストで、外部メタデータのインポート形式を選択します。
  4. [OK]をクリックします。
    モデルの[Overview] (概観)タブが開きます。
  5. [Import Setup] (インポートの設定)タブをクリックし、インポートパラメーターを設定します。
  6. 各パラメーターの行をクリックし、[Help] (ヘルプ)パネルに表示されているツールチップに基づいて情報を入力します。
    パラメーターのフィールドは、選択されたインポートブリッジによって異なります。
  7. [Test] (テスト)をクリックして接続をテストし、変更を保存します。
  8. [Import Options] (インポートオプション)タブをクリックし、次のインポートオプションを設定します。
    フィールド 説明
    Data (データ)
    • [Data Sampling] (データプサンプリング): インポート中にデータサンプリングを有効にし、プレビューする行の数を定義する場合は、このチェックボックスを選択します。
    • [Data Profiling] (データプロファイリング): インポート中にデータプロファイリングを有効にし、プロファイル化する行の数を定義する場合は、このチェックボックスを選択します。
    • [Data Hiding] (データ非表示): プロファイルとサンプルデータをデフォルトで非表示にする場合は、このチェックボックスを選択します。
    [Send email notification when an import] (インポート時にメール通知を送信) 新しいインポートの完了時に通知を送信する場合は、チェックボックスを選択します。
    インポートオプション
    • [Set new versions as default] (新バージョンをデフォルトに設定): このチェックボックス選択すると、新しくインポートされたバージョンがデフォルトバージョンとして自動的に設定されます。
    • [Create new versions only when new import has changes] (新しいインポートに変更がある場合のみ新バージョンを作成): このチェックボックスをクリックすると、変更が検出された場合のみ新しいバージョンが作成されます。

      このオプションは、一部のブリッジの増分収集機能の影響を受けないすべてのブリッジに適用されます。

    • [Copy model description to content] (モデルの説明をコンテンツにコピー): このチェックボックスを選択すると、モデルの説明がソースメタデータからコンテンツバージョン自体に適用されます。
  9. 変更を保存します。
  10. [IMPORT] (インポート)をクリックしてモデルをインポートします。
  11. この操作を監視する場合は、ヘッダーにあるギアアイコンをクリックするか、[MANAGE] (管理) > [Operations] (操作)に移動します。
  12. ログを開く場合は、操作を右クリックし、[Show log] (ログを表示)[View log] (ログを表示)をクリックします。
    [Log Messages] (ログメッセージ)ダイアログに「インポートプロセスが進行中である」というログメッセージが表示されます。
    • [Operation Succeeded] (操作成功)という結果が返されたら、モデルを開くことができます。
    • [Operation failed] (操作失敗)という結果が返されたら、ログメッセージを調べてソースモデルファイルを修正してください。