データ来歴のトレース - Cloud

Talend Cloud Data Catalogユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
レポートで見つかったKBIやKPIをトレースし、データの出所と処理方法について理解します。

手順

  1. オブジェクト詳細ページを開きます。
  2. [Data Flow] (データフロー)タブをクリックします。
  3. [Type] (タイプ)リストで[Data Lineage] (データ来歴)を選択します。
  4. [End Objects] (終了ブジェクト)タブをクリックし、詳細カラムレベルの来歴レポートを開きます。
    たとえば、Customer Payments (顧客の支払い)というレポート内のCustomer Payment Type (顧客の支払いタイプ)がどのように処理されてこのインジケーターの精度を保証するのか、そのしくみを知る必要があるとします。ソースオブジェクトのリストは次のとおりです。
  5. [Diagram] (図)タブをクリックし、来歴のグラフィカルビューを開きます。
    この例では、ソースからのデータの経路を分析することができます。