タブの表記のカスタマイズ - Cloud

Talend Cloud Data Catalogユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
個人用にデフォルト表記を定義すれば、オブジェクトタイプに関連するタブ(カテゴリー詳細ページの[Terms] (用語)タブなど)をカスタマイズできます。

手順

  1. カスタマイズするタブを開きます。
    下の図には、GDPRカテゴリーに含まれている用語のリストが表示されています。
  2. ツールバーで、[Worksheet] (ワークシート)ドロップダウンリストからワークシートを選択します。
    ワークシートのタイプ 説明
    System (システム) 管理者が事前定義したデフォルトのダッシュボード
    Personal (個人) 自分で事前定義したデフォルトのダッシュボード
    Applicable (該当) タブに含まれているオブジェクトタイプに一致するダッシュボード。自分か他のユーザーによって事前定義され、自分と共有されています。
    この例では、ワークシートに適用できるCertified termsを選択し、認証された用語がリスト表示されるようにします。
  3. 必要であれば、[Filters] (フィルター)パネルを使ってコンテンツをフィルタリングします。
    この例では[Certfied by] (認定者)フィルターオプションでDavidを選択し、Davidによって認定された用語を表示させます。
  4. 必要であれば、[Columns] (カラム)パネルを使って表記を編集します。
  5. 右上隅の[SAVE AS] (名前を付けて保存)をクリックします。
  6. 名前と説明を入力します。
  7. 管理者は[Personal] (個人)ラジオボタンを選択します。
  8. 変更が有効になるよう、[OK]をクリックしてページを読み込み直します。
    以上でこのタブ、そして同じオブジェクトタイプが含まれている他のタブでワークシートが自分のデフォルト表記となります。
    この例では、カテゴリー詳細ページにある[Terms] (用語)タブの 個人用のデフォルト表記としてTerms certified by Davidというワークシートを定義しました。
  9. 同じオブジェクトタイプが含まれている他のタブを開き、新しい表記が正しく適用されていることを確認します。