Talend Cloud Data Catalogのアーキテクチャー - Cloud

Talend Cloud Data Catalogユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
このアーキテクチャ図は、Talend Cloud Data Catalogの機能ブロックおよび相互関係について説明しています。

この図は、ローカルネットワークとクラウドインフラストラクチャーという2つの主要な部分に分かれています。

ローカルネットワーク

ローカルネットワークには、Webブラウザー、REST API、リモートメタデータ収集エージェントが含まれます。
  • Webブラウザーからは、Talend Cloud Data Catalogにアクセスできます。
  • REST APIkクライアントからは、Talend Cloud Data CatalogのREST APIにアクセスできます。
  • リモートマシンにインストールされたメタデータ収集エージェントからは、ブリッジを使ったメタデータソース技術に対してインポート、またはエクスポートできます。

クラウドインフラストラクチャー

クラウドインフラストラクチャーにはTalend Cloud Data Catalogが含まれています。これは、メタデータストレージ用のデータベースと、メタデータのインポートとエクスポート用の組み込み収集エージェントに依存しています。

  • Talend Cloud Data Catalogでは、職場のデータから一元的かつ統制が取れたカタログを作成し、簡単に共有したり共同作業したりできます。
  • ネットワークの観点から、Talend Cloud Data Catalogがアクセスできるソースについては、ブリッジを使ったメタデータソース技術に対するインポートやエクスポートでメタデータ収集エージェントが使用されます。
  • データベースはメタデータの保存と取得に使用されます。