ビジネス用語集の管理 - Cloud

Talend Cloud Data Catalogユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
これらの定義について学習すれば、ビジネス用語集に関する主な概念を理解しやすくなります。

データ統制

ビジネス用語集は完全なデータアーキテクチャーの開発と管理に不可欠です。Talend Cloud Data Catalogでは、エンタープライズビジネス用語集、データ定義、コードセット、ドメイン、検証ルールなどの取り込み、定義、保守、実装を目的とするISO 11179ベースのビジネス用語集を利用できます。セマンティックマッピングではまた、ソースモデル内のエレメント(ビジネス用語集のようにより概念的)がデスティネーションモデル内のエレメント(より実装的または表記的)をどのように定義しているかがわかります。

ビジネス用語集によって企業は、ビジネス資産(用語など)、およびそのデータ資産(データベーステーブルなど)や技術資産(ETLマッピングなど)との関連性に関し、全ステークホルダー間の合意を取りやすくなります。ビジネス用語集は、IT全体で論理的・物理的データエンティティやデータ属性を共同でドキュメント化するために使用できます。ここでも、ビジネスアセットと技術アセット間の依存関係をトレースすることが必要になります。

ビジネス用語集

Talend Cloud Data Catalogでビジネス用語集とは、カテゴリーと用語、または各カテゴリー内に含まれているサブカテゴリーの自己完結型コレクションを指します。用語は、データモデル内のテーブルとカラムのように、リポジトリーの残り全体でオブジェクトにセマンティックにマッピングすることができます。マッピングが済むと、ビジネス用語集、マッピング、マッピングされたオブジェクトを含む全設定で、定義ルックアップや用語のセマンティックな使い方など、セマンティック来歴トレースを行うことができます。

ワークフロー

ビジネス用語集が正確かつ最新で、アクセスを必要とする全ユーザーが利用でき、リポジトリー内の残りのメタデータと適切に統合されるよう、Talend Cloud Data Catalogでは充実したデータガバナンスツールと方法論のコレクションも利用できます。ビジネス用語集によって、非常に柔軟なワークフローと公開プロセスが実現します。また、ワークフローと公開の特性がそれぞれ異なるビジネス用語集をいくつでも保持できます。

スチュワード

スチュワードとは、特定の用語やカテゴリー全体に関する質問に答える連絡先として割り当てられたユーザーやユーザーグループのことです。ワークフローの一部として用語が変更されると、スチュワードに通知されます。

カテゴリー

ビジネス用語集はカテゴリーへと整理されます。カテゴリーには用語やその他のカテゴリーが含まれています。カテゴリー化は次の操作に役立ちます。

  • 主題または組織構造に従ってサブセットに分ける。
  • (カテゴリーレベルで)スチュワードシップの割り当てを管理する。

関係

用語は、「シノニム」「次も参照」「より一般的」など、さまざまなタイプの関係で相互リンクさせることができます。