モデルの自動インポートのスケジュール - Cloud

Talend Cloud Data Catalogユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
定期的な自動インポートをスケジュール設定すれば、会社の情報システムモデルの最も正確かつ最新の表示を維持できます。 スケジュールをフォルダーや設定に割り当てることで、一度に1つまたは複数のモデルのインポートをスケジュール設定できます。

始める前に

[Administrators] (管理者)グループ、または[Application Administrators] (アプリケーション管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインしていること。

手順

  1. [MANAGE] (管理) > [Schedules] (スケジュール)に移動します。
  2. [Add] (追加)をクリックします。
  3. [Properties] (プロパティ)タブの次のフィールドに入力します。
    フィールド 説明
    Name (名前) スケジュールの名前を入力します。
    Description (説明) スケジュールの説明を入力します。
    Object (オブジェクト) リポジトリーでスケジュールを実行する場合は、このフィールドを空白にしておきます。

    現行の設定やオブジェクトでスケジュールを実行する場合は、検索アイコンをクリックし、ダイアログボックスでモデルを選択します。

    Operation (操作) ドロップダウンリストで[Import new model(s)] (新しいモデルをインポート)[Import new model(s) from folder] (フォルダーから新しいモデルをインポート)を選択します。
    One Time/Recurring/Advanced (1回/循環/詳細) いずれかのチェックボックスを選択し、スケジュール情報を指定します。
  4. [CREATE] (作成)をクリックします。
  5. [Execution History] (実行履歴)タブを開き、履歴を表示してログにアクセスします。